補血剤の基本処方は四物湯
補気剤の基本処方は四君子湯
気血両虚の代表方剤とその特徴について

 虚証という概念は西洋医学にはない。血虚には補血剤、気虚には補気剤。
では気血両虚には? もちろん、その両方を用いる。

【基本処方:四物湯+四君子湯(八珍湯)

 血が不足したものを血虚といい、これを補うものを補血剤という。四物湯は補血剤の基本処方。「四物湯を忘れると、女性疾患の治療はできない」といわれている。

 No.71(四物湯): 地黄、当帰、芍薬、川芎
 
 適応:血虚

 気が不足したものを気虚といい、これを補うものを補気剤という。四君子湯は補気剤の基本処方。胃腸を整えて気を補う、補気健脾の効果がある。

 No.75(四君子湯):人参、白朮、茯苓、甘草、生姜、大棗
 
 適応:脾気虚

 四物湯と四君子湯の合方剤を「八珍湯」といい、その適応はもちろん、気血両虚である。しかし、エキス製剤には存在しない。

【八珍湯の派生処方】

 No.48(十全大補湯):地黄、当帰、芍薬、川芎、人参、白朮、茯苓、甘草、黄耆、桂皮

 適応:気血両虚、虚寒

 四物湯(補血剤)と四君子湯(補気剤)をあわせると八珍湯になる。これに黄耆(補・温薬)と桂皮(温薬)をくわえると「十全大補湯」となる。まさしく「十全」な「大補剤(湯)」といえる。

 適応は、気血両虚に寒がりや四肢の冷え(虚寒症状)を伴うものに適している。ポイントは、疲労倦怠感、疲れやすい、食欲不振、四肢の冷え、寒がりなどであり、病後などの回復期に汎用されている。

 No.108(人参養栄湯):地黄、当帰、芍薬、人参、白朮、茯苓、甘草、黄耆、桂皮、五味子、遠志、陳皮
 
 適応:気血両虚、虚寒、安神、止咳

 十全大補湯から川芎をのぞき、五味子(鎮咳・強壮・鎮静)、遠志(去痰・強壮・鎮静)、陳皮(去痰・理気・健胃)をくわえると「人参養栄湯」となる。

 十全大補湯の症状にくわえ、精神不安や不眠、咳など(自律神経失調症やカゼの症状が残る)を伴うものに適している。

 

【投薬時の注意点】

 地黄を含む方剤に共通する注意点:胃弱体質には注意。食後服用をすすめる。

 No.48(十全大補湯)、No.108(人参養栄湯):インフルエンザやかぜによる発熱時はいったん中止する(邪気が出ていかなくなる!)。また、手足のほてりやのぼせなどの症状がある場合は慎重に投与し、高血圧症のコントロール不良時はさけたほうがよい。