熊本大学薬学部のお家芸である「シクロデキストリン」を人々の健康に役立てるとともに創薬に生かすことを目標とした熊薬発のベンチャー企業「株式会社サイディン」様と提携し、新商品「ドンマイン」をアップル薬局全店にて取り扱う運びとなりました(サイディン社の弘津社長と同じ熊大薬学部サッカー部OBが当社に多数在籍しているというご縁です)。

味ではなく、身体を調える次世代の調”身”料®️「ドンマイン」。なかなか面白いコンセプトです。
さて、主成分であるシクロデキストリン(CyD)ですが、これは薬剤を包接するキャリアであり、医薬品にも用いられている成分です(代表はリマプロストアルファデクスでしょうか)。

「ドンマイン」では、おもに主成分のCyDが食事中の脂肪を包接することで脂質の吸収を抑制します。CyDの効果は、よく普及している難消化性デキストリンよりも高いそうです。

「ドンマイン」の詳細はHPをご覧いただければと思いますが、その使い方は食事にふりかけるだけ、熱にも強く、食事の味を邪魔しません(試してみました)。

推奨用量を守っている限り薬の吸収に影響しませんので、相互作用の心配はありません。
ご興味のある方は、お近くのアップル薬局にてお尋ねください。